アンティーク布のスヌーピクッション

Posted By on 2014年5月30日

アンティークのスヌーピー柄の布で作られたクッションを持っています。1万5千円くらいしましたが、お気に入りで、遊びにきた友人からも褒めてもらえることが多いので、高いから購入しようかとかなり迷いましたが良かったと思っています。アンティークの布から作られた物なので、一点物ですし、そのスヌーピーも昔のスヌーピーなのでとても可愛いです。しかし、アンティークの布の状態から、スヌーピーが真ん中部分に配置されていないのが少し残念です。洗濯機で洗うと破れるかもしれないと聞いたので、他のクッションカバーは洗いますが、破れたら嫌なので、そのクッションカバーは洗ったことがありません。干すことしかしていません。そう考えると、作られる時も洗われていないだろうし、衛生上どうなんだろうとは思いますが、気に入っているので考えないようにしています。食べ物をこぼさないようにと、犬が噛まないようにだけ注意して普通に使用してしまっています。

アンティークとアンティークテイスト

Posted By on 2014年5月22日

アンティークなテイストの雑貨や家具とかが好きですが、アンティークとアンティークテイストの境目って結構微妙です。
アンティークって骨董のことだけど、アンティーク雑貨と呼ばれて売られているものの大半は、アンティーク風な新しいものだったりします。
特に安いやつはそうですよね。
最初にアンティークの魅力を知ったのは、ロンドンの蚤の市で見つけたブレスレットと指輪です。アンティークで有名なロンドンのマーケットでさえ、観光客向けのアンティーク風安物がたくさん出回っている中、ちょっと高いけど、すごく心惹かれるアクセサリーと出会ったのです。
まあそれが本物のアンティークだという保証はありませんが、ビクトリア朝時代の刻印が入っていて、味のある感じは、たぶん本物だろうと。
結局は自分が気に入ればいいので、アンティークテイストだってありだとは思います。
でも、本物のアンティークは、おしゃれと言うよりも、なんだか本当に歴史を身近に感じられる気がします。

唯一の高額商品のロレックスのアンティーク腕時計

Posted By on 2014年5月20日

ロレックスのアンティークの腕時計を成人の記念に両親に買ってもらいました。成人式に参加しなかったので、少し高額でも良いと、予算をつげられたので、予算内で一生懸命記念に残りそうなものを選んだ記憶があります。ロレックスも、アンティークもよくわからないまま入ったアンティークの腕時計やさんで一目惚れしました。シルバーのベルト部分もわたしは腕が細いのですが、奇跡的にピッタリでした。お店の方から、ベルト部分が合わないからと諦める人が多いんですよ、と聞いたので、高額だったので一晩考え次の日に買いにいきました。アンティークなので、一点物だし、すぐに決めたほうが良いとはお店の人に言われましたが、高額でしたので踏ん切りがつかず、無くなっているようだったらこれも運命だと考え一晩おきました。つけていると、ロレックスを持っているおじさま方に褒められることが多いです。何やら有名な商品のようですが、未だに調べる事もせず、わからずつけています。